ブログ

夢を叶えられない原因!

それは、個人個人みな違っています。

でも、唯一共通するパターンがあるという事をご存知ですか?

 

それは 『 山登りの思考 』

 

多くの方は、何か行動するとき、色々準備を整えてからと教わってきたのだと思います。

 

自分の夢がまるで険しい山の頂上にあると思い込み、そこにどうやったら辿り着けるのか?

何が必要だろう?

どんな困難が予想でき、それに対処するにはどうしたらいいのだろう?

等と必死に頭で考え始めます。

 

無鉄砲に飛び込め!と言っているわけではありません。

最低限の備えもなしに山に入れば遭難します(笑)

当然確認するべき事は確認する等、準備だって必要です。

 

ただ、全ての対策を整えよう!

失敗しないように完璧を!と望んだら、どうしても一歩が踏み出せなくなってしまうんです。

 

万一がけ崩れが起きた時は、あれとこれも必要で・・・

万一大きな怪我をした時にはそれとこれも・・・

そうだ!こんなことも起きるかも知れない!と悪い想像は尽きず・・・

気が付くとリュックの中はパンパンで、重くて背負うことすら出来なくなってしまう。

不安と絶望が心を占め、やっぱり自分には無理なんだと諦めるしかなくなり・・・

結局何の行動も起こすことなく、自分はまた失敗したのだと潜在意識に苦々しく刻み込むのです。

 

ここで考えてみて下さい。自分の夢は本当に山の頂上にしかないのでしょうか?

 

発想を転換してみましょう。

自分の夢が大海原にあるのだとしたら・・・

そこに辿りつく川を見つけることがスタートです。

そして見つけたらそこをただ下っていけばいい!

 

途中途中に障害物もある事でしょう。

でもそれは、障害物が実際に見えてきてから、ピンポイントで対処法を考えていけばいいのです。

最初から全部を想定するのは無理でも、一つ一つなら出来ると思いませんか?

 

そしてここでまた多くの皆さんが陥る悪い癖!

それは川下りの最中に、勝手に不安に陥る事!

つまり、川下りをしているのに、思考だけは山登りなんです。

 

この先に滝があったらどうしよう。

突然大きな岩が出てきたらどうよけよう。

実際ありもしない妄想に囚われて、勝手にオールを意味も分からず動かしてしまう。

すると岸にぶつかったり、時には転覆したりとまた自滅の道に向かうのです。

 

溺れた時、命を失う理由はパニックになってバタつくからだという事はご存知ですよね?

力を抜いてただ流れに身を任せれば人は水に浮くのに・・・。

勝手に浮かぶ妄想でオールを動かさず、ただ外の景色を楽しんでいれば、流れが穏やかな時はどんどん前に進み、夢に近づくというのに・・・

 

嵐の時、木の枝は風を受け流すようしなります。

強固に立ち向かえば折れてしまう事をちゃんと知っているからです。

そして花も、何もしなくても時が来れば蕾をつけ、やがて花開くということを知っています。

だから無理せず、誰かと競ったり、他の花になろうとしたりもせず、今この時を精一杯生きている。

自然や花が美しく、素晴らしいのはその為だと思いませんか?

無理やり花を咲かそうと力を加えるのは、私達人間だけ。

余分な事をして、複雑に醜くくしてはいけません。

あるがままの自分を受け入れ、それを輝かせるだけで必ず望む物は手に入るのに…。

もっと自分に優しくしてあげて下さい。

自分の価値をまず自分が認めてあげましょう。

自分を大好きになる事!これも何より大切な事なんです。

 

その為にも、物事を難しく考える事がたやすく、逆に単純で且つシンプルに考えることが難しい!

それこそが夢を叶えられない一番の原因だという事を胸に降ろして来てください。

 

夢は必ず叶います。

叶える為にはそれは存在するのですから。

貴方の夢は叶わなかったのではなく、途中でただ投げ出していただけではありませんか?

そしてその理由は・・・

そう!山登りの思考が自分の行動にストップをかけたり、邪魔をしていたからなんです。

 

今からでも遅くありません。

『 山登りをやめ、川下りをはじめましょう 』

 

思考をシンプルにし、問題を一つ一つクリアする経験を重ねる事で自信が生まれます。

自信は真の優しさを生みます。

優しさは豊かさや愛に繋がっていくのです。

 

自分の内側に入り、今ある感情を感じてみて下さい。

嫌な感情の時は思考が複雑化している合図です。

慣れるまで違和感があるかもしれませんが、気付く度、思考をシンプルに変換する癖をつけましょう。

 

これだけで山登りから川下りにシフトし、夢に大きく近づけるはずです♪

 

☆ハートヒーリング&カウンセラー蒼依あさの☆

 

 

 

 

 

 

2014/09/08

コメント入力

ページトップ
Copyright (C) 2013 Heart healing serendipity . All Rights Reserved.