ブログ

皆さんは龍を感じたり、見られたりした経験はありますか?

私のお仲間や、クライアントには、そのような経験を頻繁にされている方が数多くいらっしゃいます。

 

私が以前住んでいた場所からさほど遠くないところに八大白龍神社という所があり、池の中にある白龍大神を祭るお社の上のあたり!円を描くように勇壮に空を泳ぐ白龍がいたよ!というお話をお聞きし、伺ってみた事もあるのですが、私はそのお姿を見ることは出来ませんでした。

 

そう!私はというと、残念ながら実視でそのようなお姿を捕らえた経験が未だありません。

もののけや幽霊といった類も全く見たためしがないので、見える方が羨ましく思えた時期もあります。

 

そこに何かいるなぁ~という氣配や御神氣の流れや変化、そして何かを私に伝えようとして下さっている場合など、その合図に気付く事は出来ますし、そちらにカメラを向けると何かが写ってくる!といった事は頻繁にあるんですけどね…^^;

(オーラの色は実際に見る事もできますが!)

 

そんな私が龍を初めてありありと感じたのは、バシャールとの出会いと、多くの方を貴女を見せ導いて下さい!というメッセージを頂いた後のことです。

 

ヒプノセラピストでもある私が、目に見えない者、私達が現実とよんでいる世界ではありえない不思議な出来事を経験するのは、大抵瞑想の中や催眠状態の意識の中!この出会いもその時起こりました。

 

私はある池の対岸にたたずんでいました。

自分で目を覚ます事は出来そうになく、ここが現実の世界でない事もはっきり認識できていたので、そのままこの物語(?)を楽しんでみようとあたりをじっくり観察していたところ、池の水がザワつくのを感じたのです。しかし風は全く吹いていません。

そして一瞬時がとまったような感覚がしたのと同時に、池の中央から何かが私の方にものすごいスピードで向かってきたのです。

レイコンマ何秒かの出来事なのだと思います。目の前に迫り来るものに私は瞬きという反応すら出来なかったのですから。

しかし、それは明らかに龍でした。

ただ、私が人から見聞きしていた姿とは全く異なります。

白龍?いえ違います。無色透明なのです。質量や質感が全く感じられません。

かといって空気・水・風といったものとも何かが違います。

形があってないもの!存在していて存在しない、異常な存在感のあるリアルなもの!これをどう表現したらいいのでしょう…。

そしてその龍は、私とぶつかると思いきや、その直前に違う時空へ消えてしまったのでしょうか?

それとも私の中を通り過ぎ、そのままどこかへ行ってしまったのでしょうか?静けさだけが残り、氣配すらなくなっており…。

何が起きたのか理解できないでいる私の目の前で、次は池の水が真っ二つに割れ、対岸へと渡る道が出来ていきました。

呆然としながらも、私は自分の足元をただぼんやりとみつめ歩み始めたのです。そしてふたたび対岸に目を向けると、そこは私の知っている風景とは一変していました。

最初私がたたずんでいた場所は、実はそんな風に立てる所があるのかさえわからない行った事のない場所で、池の対岸はボート乗り場やお店、駐車場などがある、リアルに知っている場所だったのですが、見たことのない外国の景色へと変化していたのです。

池ではなく私が歩いている場所は海なのでしょう。そして対岸の陸地では、白亜の建物が段々畑のように上へ上へと立ち並んでいます。

一度も訪れた事はないのですが、何故か懐かしい、日本ではないどこかの景色・・・。

ここで突然泡がはじけたかのように意識が覚醒し、私は元の世界へと戻ってきてしまいました。

 

このようにしてみた景色や感じた事は、リアルな世界(現実)の中で大抵実際に後から経験する事が多いのですが、何故かこの景色や龍、メッセージの意味が分かった!という時をまだ迎えてはいない私です。

 

でも、年が明けてから、不思議とこの龍の事ばかりを思い出します。その時が近いのかもしれませんね。

この龍を感じて以後、行こうと思えばいつでも行けるこの場所に、一度も行っていなかった!という事にも、今更ながらに気付いたのです。

もう一度この龍と出会いたい!今年は近いうちにそこに出掛けることになりそうです。

 

物語のような、龍と私の不思議な出会いのお話でした(笑)

この続き(再びの龍との出会い)が、今年中にまた書けるといいなぁ…♪

 

 

 

2014/01/13

皆さんはデジャヴュって何だと思いますか?

その内容の大小に関わらず、体験したことはあるでしょうか?

 

デジャビュを検索すると、大抵下記のように記されています。

【実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じること】

 

そしてオーストリアの精神分析学者、精神科医であるフロイトは『日常生活の精神病理学』においてこのように述べています。

【デジャヴというのは既に見た夢なのだ。以前見た夢がよみがえったのだが、無意識のうちに見たものだから意識的には思い出すことができないものなのだ】と…

つまり、思い出すことが出来ずにいた記憶(夢)が、何らかの刺激によりよみがえったものであるというのです。

そう!いわゆる予知夢の一種。

 

私はこのような経験をとにかく多くもっており、それも 『なんかこの場面覚えがある』 といったものではない、時間と空間を越え、明らかに先に経験して知っていた!といったパターンが多いのです。いくつかご紹介しましょう。

 

家の息子!子供の頃からガチャガチャが大好きでした。

可愛いものを集めるのならまだいいのですが、私的には明らかな無駄遣いとしか思えないものもいくつかあります。

その一つが彼の机の上にある地球儀に、まるでちょんまげの様に置かれているワニさん。

ビーチボールのように空気を中に吹きいれふくらみをもたせた、ちゃちでへんてこりんなもの。

いつもじゃまっけに感じていました。

そんなある日、彼がまたそのガチャガチャをしているんです。

呆れた私は 「何でそんなの2つもいるの~」 とつい言ってしまいました。すると変な顔で私を見た彼!

理由は翌日分かりました。

いつも通りちょんまげのように地球儀に置かれているワニを見て、もう一つもここに置かないの?と聞いた私に対して彼はこう言いました。

「お母さん、また時間が入れ替わってるよ。このガチャガチャしたのは昨日が初めて!これ一つしか持ってないから」と…。

そう!私は全く一般的でないそのおもちゃのワニの姿形も、ガチャガチャで息子が取ってくることも、それが置かれる位置まで先に知っていた(経験していた)のです。

 

こんな事もありました。

中学の同級生だった男性が飛行機事故で亡くなりました。

最初は「亡くなったの?」とビックリしたのですが、どうにも違和感!そういえば知っていたような・・・という感覚も多少ですがあったのです。

そしてまた時が過ぎ、ある年、中学の同窓会の話が出て、疎遠になっていたお友達にも声を掛けようと、連絡先をあちこち調べ、ようやくつかまった彼女と電話で話しをしていた時のこと・・・。

彼女が亡くなった彼の話を始めたのです。自分の家の長男が通っていた小学校に先生として赴任してきて、担任になった事もあることや、目を掛けてもらった事!中学の時人気者だった彼なのに、中学の同級生に葬儀等で全く会わなかったのが不思議だった事などなど・・・。

私は以前にも彼女にこの話を聞かされた経験があり、この電話の前に、既にこの聞いた内容を他のお友達にも話していました。

でも、あとでハッとしたんです。私が彼女から聞いたという、この電話の前っていつ?

そうなんです。私は彼がなくなるよりも前から、この彼女とは疎遠になっており、居場所も連絡先も知らなかった彼女に、この話を聞けるわけが無いのです。

他のお友達が彼女にきいた事を私に伝えたのでは?とも考えてみたのですが、そもそも中学の同級生で、彼女が私以外の人とは誰とも付き合いがなく・・・それもありえない事でした。

 

私の未来(?)を先に見てきてしまう現象はいつ起きるのでしょう・・・。

大抵は毎日の瞑想の中や夢で見ていて、そのまま忘れてしまっているのだとは思うのですが・・・。

 

これはデジャヴュと呼べるのか分かりませんが、先に次に起きる事を感情が確信してしまっている事も多々あります。

これはまた次回お話する事にしましょう。

 

ここでお伝えしたかったのは、催眠療法や瞑想がこれらに大きく関わっているという事実です。

確かに昔からこのような力(?)は一般の皆さんよりは強く持ち合わせていた私ですが、ここまで明晰な状態を見れるようになったのは、ヒプノを習慣化してからなんですよ^^

私が特別なのではありません。オーラを見る力も、未来を予知する力も、本当は皆さんちゃんと持ち合わせて生まれてきているんです。

 

目に見える現実が正しいといつも感じ行動してしまっている方々にお伝えしたいです。

本当に大切なものは(愛とか優しさとか心とか・・・)形もなく、目では見ることは出来ません。

もっともっと感じる力を取り戻してきて下さい。

すると、デジャヴュもシンクロニシティ-も、山ほど起きてきます。

そうして、感覚が研ぎ済ませれていくと、どんどん自分の本来の魂に近い形へと戻っていく事ができるのです。

 

さぁ、今日から貴方も1日10分の瞑想をはじめてみませんか?(笑)

 

2013/12/03
ページトップ
Copyright (C) 2013 Heart healing serendipity . All Rights Reserved.